ホーム > 暮らし・コミュニティ > 防災・防犯・安全 > 防災 > 「津波避難ビル」の指定を行いました

ここから本文です。

更新日:2020年4月8日

「津波避難ビル」の指定を行いました

地震が発生し大きな揺れを感じたとき、津波が必ず来るという前提で、一刻も早く高いところに避難する必要があります。このため鹿児島県が作成した津波の浸水想定の結果のうち瀬戸内町への影響が特に大きい「奄美群島太平洋沖地震(北部・南部)」「南海トラフ地震」等による津波の危険から緊急に避難するため、下記施設を津波避難ビルとして指定を行いました。

1.津波避難ビル(避難場所)

(1)きゅら島交流館(屋上)

(2)町営住宅コーラルタウン船津団地1号棟・2号棟(3階~6階の共用部分)

2.避難対象者

(1)瀬戸内町にお住まいの方

(2)災害(地震)発生時に施設周辺に居合わせた方

3.建物使用期間(災害発生から)

(1)津波警報・大津波警報が発表された時から解除まで

(2)災害時等、必要と認めるときから必要でなくなったと認めるときまで

4.避難にあたってのお願い

(1)避難者同士助け合って階段をのぼってください。

(2)エレベーターは使用しないでください。停電等で中に閉じ込められる恐れがあります。

(3)災害発生時に備え日頃から非常用の持出品を準備しておくことが大事です。

  (断水を想定しペットボトル飲料水・火を通さずに食べられるビスケット等)

 

施設には津波避難ビルの表示があります。

 避難時の目印としてください。

津波避難ビル表示

避難場所は、下記をご確認ください。

お問い合わせ

瀬戸内町総務課危機管理係

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地

電話番号:0997-72-1111

ファックス:0997-72-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?