ここから本文です。

更新日:2018年8月15日

入院する際に役立つ認定証

国民健康保険に加入している方が入院する場合、入院費用を支払う際に窓口負担が軽減される「限度額適用認定証」や「限度額適用・標準負担額減額認定証」があります。

申請に必要なもの

  • 入院されている方の保険証
  • 世帯主の印鑑(シャチハタ不可)

申請をされるのは代理の方でも構いません。

対象者

認定の種類 対象者
限度額適用認定証 70歳未満の住民税課税世帯で国民健康保険税の完納世帯
限度額適用・標準負担額減額認定証 75歳未満の住民税非課税世帯で国民健康保険税の完納世帯

負担額

認定の種類 負担額
限度額適用認定証 入院にかかる自己負担額が所得に応じで軽減されます。
限度額適用・標準負担額減額認定証

食事代と入院にかかる自己負担額が所得に応じて軽減されます。

1食あたり210円。ただし、申請日から過去1年で入院期間が通算90日を超える場合は、1食に付き160円となります。

平成24年4月1日から入院に限らず外来の場合でも認定証を使用することができます。

様式

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

瀬戸内町保健福祉課保険給付係

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地

電話番号:0997-72-1068

ファックス:0997-72-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?