ここから本文です。

更新日:2015年8月1日

古仁屋高等学校

古仁屋高等学校沿革

昭和5年,大島郡東方村立古仁屋家政女学校として開校,幾多の変遷を経て昭和28年,奄美群島の日本復帰に伴い,鹿児島県立古仁屋高等学校となる。現在普通科のみ1学年2学級が設置されている。平成22年度には創立80周年を迎え,各種記念行事が計画されている。

学校経営概要

教育目標

  • 日本国憲法及び教育基本法に基づき,学校教育法の定める目標を達成するよう努める。
  • 郷土の教育的な伝統や風土を生かした全人教育・生涯教育の推進に努めるとともに,生きる力を備えた生徒の育成を図る。
  • 校訓「自主自立」,「敬愛和協」,「明朗端正」,「勤勉誠実」のもと,本校教育の充実・発展に努める。

経営方針

  • 教育目標達成のため,全職員が相和し個々の使命を自覚して,本校教育の発展にまい進し,厳教慈育・師弟同行の気風を作る。
  • 生徒の個性を尊重し,適正に応じた教育に努め,進路の実現を図る。
  • 人権を尊重する教育の充実を図り,同和問題を始めとする人権問題に正しい理解と認識を深める。
  • 地域に信頼され,地域に開かれた学校づくりに努めるとともに,積極的に地域に参加し,地域の核となる学校を目指す。
  • 生徒・職員の健康管理に留意し,生徒の体力向上を図るとともに,教育環境を整備し,安全な学校づくりに努める。
  • 生徒の心身ともに健全な育成に努め,全人教育を図る。

公式ページの御案内

詳細については本校公式ホームページをご覧ください。

お問い合わせ

瀬戸内町企画課企画振興係

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地

電話番号:0997-72-1112

ファックス:0997-72-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?