ホーム > 暮らし・コミュニティ > 環境 > 奄美大島生物多様性地域戦略(2015-2024)~自然と共に生きる奄美のしま創りプラン~

ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

奄美大島生物多様性地域戦略(2015-2024年)

~自然と共に生きる奄美のしま創りプラン~

本町を含む奄美大島5市町村では、地域における生物多様性や生態系サービスから生じる価値を地域の個性・財産として再発見し、町民や企業など様々な主体とともに、いかに持続的に保全し活用するかという未来像を描き、新たな“地域づくり”を目指す指針として、「奄美大島生物多様性地域戦略~自然と共に生きる奄美のしま創りプラン~」を平成27年に策定しました。

本戦略では、50年後にあるべき奄美大島を想定し、島内5市町村における“島”共通の戦略としており、複数の自治体による生物多様性地域戦略の策定は全国初の試みとなっております。

策定から5年目を迎えた令和元年度にLCC(格安航空会社)の就航、奄美群島国立公園の指定、世界自然遺産登録プロセスの進展、5市町村連携事業や民間事業者等による取組の進展など、社会的情勢の変化などを踏まえた中間評価と必要な改定を行いました。
今後、奄美大島は一丸となって、この地域戦略に基づき様々な取組を進めていきます。

奄美大島生物多様性地域戦略

本編ダウンロード

取組状況評価

本戦略については、その進捗状況を公表することとしています。

年度ごとの取組については、以下のPDFをご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

瀬戸内町社会教育課図書館・郷土館

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋1283-17

電話番号:0997-72-3799

ファックス:0997-72-3999

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?