ここから本文です。

更新日:2015年8月1日

離婚

届出人

夫および妻。

裁判離婚の場合:調停若しくは審判の申立人または訴えの提起者。
※ただし、調停等の確定の日から10日以内に届出をしない場合は、相手方も届出することができます。

届出地

夫婦の本籍地または所在地。

届出期間

協議離婚の場合,期間の定めはありません。

裁判離婚の場合(裁判確定の日から10日以内)

必要書類等

  • (1)離婚届1通
    様式は全国共通ですので、他の市区町村のものでも可能です。
  • (2)夫婦の戸籍謄本(または戸籍全部事項証明書)1通
    ※本籍が瀬戸内町にある人は不要です。
  • (3)本人確認書類各1点以上
    運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(写真付)、外国人登録証、身体障害者手帳等。
    ※いずれも有効期限内のものに限ります。
  • (4)認印各1本
  • (5)裁判離婚の場合
    調停調書の謄本、和解調書の謄本、認諾調書の謄本または審判書若しくは判決書の謄本と確定証明書

受付窓口・時間

  • (1)平日の8時30分~17時15分(開庁時間内)
    ⇒町民生活課
  • (2)休日(土曜・日曜・祝日)および開庁時間外
    ⇒日直

その他

親権者の記載

夫婦の間に未成年のお子様がいる場合、必ず親権者を定め、届書の所定の欄に記載してください。

証人

成人であればどなたでもなっていただくことができますが、認印は別々の印鑑を使用してください。

ご本人が来れない場合

届書がととのっており、必要な添付書類もあれば、夫もしくは妻だけがお越しいただいても構いません。また、お二人とも来れない場合は、使者が届書をご持参することも可能です。その場合、お越しいただけなかったご本人に対して、後ほど本人確認文書を郵送いたします。

電話番号の記載

休日や開庁時間外は職員がおらず、日直にて届書をお預かりするだけです。後日何かお伝えすることがあるかもしれませんので、必ず届書に平日の午前8時30分から午後5時15分までに連絡のつく各人の電話番号を記載してください。

戸籍の変動について

離婚後に婚姻中の氏を称する場合(旧姓に戻らない場合)は、
別途「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)」が必要です。

離婚届によって戸籍から除籍されるのは、夫の氏で婚姻していた場合、妻だけです。未成年のお子様の親権者となられても、自動的に母の戸籍に入籍するわけではありません。母の戸籍に入籍させるには、別途家庭裁判所にて「子の氏の変更」の許可をとっていただく必要があります。

その他、ご不明な点等ございましたら、お手数ですが町民生活課戸籍住民係までご連絡ください。

お問い合わせ

瀬戸内町町民生活課戸籍住民係

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地

電話番号:0997-72-1060

ファックス:0997-72-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?