ホーム > 健康・福祉・子育て > 子育て応援情報 > 母子保健事業(教室等) > 瀬戸内町子育て世代包括支援センターについて

ここから本文です。

更新日:2020年10月26日

瀬戸内町子育て世代包括支援センターについて 

瀬戸内町では町内に住所を有する妊産婦、乳幼児の健康の保持及び増進のため、妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を行う「瀬戸内町子育て世代包括支援センター」を設置しました。

センターの主な業務

 1.妊娠期

  • 母子健康手帳の交付及び面談
  • 妊婦健診の助成(14回分)
  • 妊婦健康診査交通費等支援事業助成

町内から奄美市に通院した回数1回あたり2,000円の補助、離島(加計呂麻島・請島・与路島)から通院の場合さらに運賃・宿泊費等の助成

  • 妊婦歯科健診受診の助成(町内歯科医院で1回受けられます)
  • 「ママのほっとサロン」(妊婦と先輩ママとの交流会)月1回開催
  • 保健師、助産師による面談・訪問
  • 産前産後期間の国民年金保険料の免除(国民健康保険加入者)

 申請は国民年金窓口

【新規】へきち診療所にて妊婦健診の実施(週1予約制)。受診には条件があります。具体的にはセンター、医療機関へお問い合わせください。

2.出産直後

  • 新生児聴覚検査、先天性代謝異常の検査助成
  • 新生児及び産婦訪問の実施
  • 産後ケアの実施

【新規】産婦健診(産後おおむね1か月頃)受診の助成(1回)

3.子育て期

  • ベビーマッサージ(予約制)
  • 乳幼児健診・歯科健診の実施
  • 定期予防接種の問診票発行 
  • 「ぽっかぽかくらぶ」(親子交流会・自由参加)週3回開催
  • 「わくわくキッズ」(発達支援教室)月1回開催
  • 保健師、助産師、管理栄養士による相談。必要に応じ訪問も実施
  • 発育・発達クリニック、巡回相談等への紹介

4.不妊・不育治療の助成

 ※条件があります。                 

5.養育(未熟児)医療、育成医療等の申請受付・給付  

                      

*詳細はセンターへお問い合わせください

 瀬戸内町子育て世代包括支援センター

(保健福祉課保健予防係内 ℡0997-72-1122)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

瀬戸内町保健福祉課保健予防係

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地

電話番号:0997-72-1068

ファックス:0997-72-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?