ここから本文です。

更新日:2016年1月18日

野焼きについて

野焼きは禁止されています

野焼きは廃棄物処理法により、一部の例外を除いて禁止されています。
これは、野焼きがダイオキシンや有害ガスの発生原因になるだけではなく、煙や悪臭の発生により
まわりの人に迷惑をかけてしまうためです。

ごみを焼却できるのは、廃棄物処理法第16条の2で定められた下記の場合のみです。

  1. 法律で定められた廃棄物処理基準に従って行う廃棄物の焼却
  2. 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却
  3. 公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの

違反した場合には、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金(法人の場合は3億円以下の罰金)、
又はその両方の罰則が設けられています。

野焼き禁止の例外について

野焼き禁止の例外は、下記のとおり廃棄物処理法施行令第14条により定められています。
しかし、これらの焼却であっても、むやみに焼却してもいいというわけではなく、煙や悪臭などで周辺から苦情が来る場合には、指導の対象となりますので必要最小限にとどめてください。

国又は地方公共団体がその施設の管理を行うために必要な廃棄物の焼却

 例:河川管理者による河川管理を行うための伐採した草木等の焼却
   海岸管理者による海岸の管理を行うための漂着物等の焼却

震災、水害、火災、その他の災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却

 例:災害時における木くず等の焼却
   道路管理のために剪定した木の枝等の焼却

風俗慣習上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却

 例:どんと焼き等の地域の行事における不要になった門松やしめ縄等の焼却

農業、林業又は漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる廃棄物の焼却

 例:農業者が行う稲わら等の焼却
   林業者が行う伐採した木の枝等の焼却
   漁業者が行う漁網に付着した海産物の焼却

たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの

 例:たき火、キャンプファイヤーなどを行う際の木くず等の焼却

※「たき火」や「キャンプファイヤー」などの軽微な廃棄物の焼却は例外で認められて
 いますが、その際にビニールやプラスチック類を焼却することは禁止されています。

お問い合わせ

瀬戸内町町民生活課生活環境係

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地

電話番号:0997-72-1060

ファックス:0997-72-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?