ホーム > 産業・仕事 > 産業 > 申請受付は終了しました 時短要請協力金(1月25日~26日要請分)の申請受付について

旧暦カレンダー

よくある質問

ここから本文です。

更新日:2022年4月7日

申請受付は終了しました 時短要請協力金(1月25日~26日要請分)の申請受付について

  • 鹿児島県では,新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため,食品衛生法(昭和22年法律第233号)の規定により飲食店営業又は喫茶店営業の許可を受けた飲食店等の皆様に,営業時間短縮(以下,「時短」という。)をお願いいたしました。
  •  鹿児島県の要請に応じ,協力いただいた事業者に対して,下記のとおり「鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策時短要請協力金」を支給します。

(1) 協力金の対象

次のいずれも満たす方となります。

① 奄美大島(奄美市,大和村,宇検村,瀬戸内町,龍郷町)に,時短要請の対象となる施設を有しているものとする。
※ ただし,政治団体,宗教上の組織若しくは団体,その他知事が適当でないと判断するものを除く。

② 要請前は20時以降も営業していた施設で,県の時短要請(期間:令和4年1月25日(火)0時から同年2月7日(月)1月26日(水)24時までの全ての期間)に応じて,以下の時短要請にご協力いただいていること。

  • 営業時間は,5時から20時までの間とする。
  • 酒類の提供は行わないこと。

③ 時短要請の時点(令和4年1月19日)で,

  • 対象区域において営業継続中であり,
  •  食品衛生法(昭和22年法律第233号)の規定により飲食店営業又は喫茶店営業の許可を受けた者が営業に使用する施設(第三者認証店を含む)であること。

④ 業種毎の感染拡大予防ガイドライン(業種別ガイドライン)等を遵守していること。

⑤ 申請者の代表者,役員又は使用人その他の従業員若しくは構成員等が,鹿児島県暴力団排除条例第2条第1号から第4号に規定する暴力団等に該当しないこと。
また,前述の暴力団等が,申請者の経営に事実上参画していないこと。

(2) 申請受付

 申請期間

令和4年1月27日(木)から4月6日(水)まで

申請窓口

〒892-8799 鹿児島東郵便局留 鹿児島県時短要請協力金給付事業事務局

申請方法

「申請窓口」まで申請書類を簡易書留,レターパックで郵送(※事業者毎に申請)

申請書類   

鹿児島県HP ホーム > 産業・労働 > 商工業 > 新型コロナウイルス感染症対策 > 【要請期間:1月25日~1月26日(奄美市,大和村,宇検村,瀬戸内町,龍郷町の方)】鹿児島県新型コロナウイルス感染症対策時短要請協力金について
https://www.pref.kagoshima.jp/af02/jitan/kyouryoku16.htmlよりダウンロードできます。

対象区域の県支庁・事務所,市町村役場,商工会議所・商工会のほか,かごしま産業支援センターでも申請書類が受け取れます。

ア 協力金申請書[指定様式]

イ 振込先口座通帳の写し

ウ 本人確認書類(免許証の写し等)

エ 営業実態が確認できる書類(確定申告書の写し等)

オ 【店舗毎】申請する店舗の写真

カ 【店舗毎】営業に必要な許可を有していることがわかる書類(食品衛生法(昭和22年法律第233号)に基づく,飲食店営業又は喫茶店営業許可証の写し

キ 【店舗毎】営業時間短縮期間及び短縮した営業時間が確認できる書類(告知するポスター・チラシ,写真等)

ク 誓約書[指定様式]

ケ 売上高が確認できる書類 など

(3) 営業時間短縮要請・協力金について

詳細は,県のホームページでお知らせしております(「営業時間短縮要請に関するよくある質問」は随時更新中)。
「県トップページ」→「健康・福祉」→「医療」→「新型コロナウイルス感染症」→「事業者の皆さまへ」→「飲食店に対する営業時間の短縮要請協力金」

(4) お問い合わせ先

鹿児島県時短要請協力金給付事業事務局

  • 電話番号099-295-0286
  • 受付時間9時から17時(平日)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?