ホーム > 産業・仕事 > 農業 > 令和4年度鳥獣被害対策実践事業(イノシシ防止柵)について

ここから本文です。

更新日:2021年12月1日

令和4年度鳥獣被害対策実践事業(イノシシ防止柵)について

事業の目的

鳥獣による農作物への被害を防止するため、国の鳥獣被害対策実践事業を活用し、農家自らが侵入防止柵(金網柵)の「自力施工」を行い、効果的な鳥獣対策に取り組むことを目的とします。

事業内容

自力施行による侵入防止柵(金網柵)の整備(直営施工方式)

事業の導入条件

  • 町重点振興品目【さとうきび・たんかん・津之輝・パッションフルーツ・カボチャ・小ギク・肉用牛(牧草)】を栽培していること。
  • その他経済栽培品目【果樹類・野菜類】(出荷が確認できる書類があること)
  • 専業及び兼業農家であること。(農家台帳への登録)
  • 農地については自己所有名義、利用権の設定がされている農地,若しくは親族名義。(親族名義が確認できる書類があること)
  • 柵の設置を自力施工で行えること。
  • 町税、各使用料に滞納がないこと。

申込方法

上記の条件を満たしたうえで、要望する圃場の延長数(m)を実測し、令和4年2月28日(月曜日)までに提出してください。

 

お問い合わせ

瀬戸内町農林課農政係

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地

電話番号:0997-72-1174

ファックス:0997-72-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?