町民向けトップページ > 産業・仕事 > 建設・建築 > 瀬戸内町電子納品運用について

ここから本文です。

更新日:2019年12月9日

瀬戸内町電子納品の取り組みについて

目 的

瀬戸内町建設課(森林土木、住宅建築除く)が発注する建設工事及び、建設工事における業務委託において、省資源、省スペース化及び業務の効率化を図るために、完成図書または成果品について電子データで納品するものです。

運 用

瀬戸内町建設課(森林土木、住宅建築除く)が実施する建設工事及び建設工事における業務委託について、令和2年1月1日以降に発注する設計金額2千万円以上の建設工事及び建設工事における業務委託の全てにおいて電子納品の試行運用を開始します。

但し、設計金額2千万円以上で、現在契約中の建設工事、現在契約中の建設工事における業務委託については、受発注者間での協議により、電子納品の試行運用を可能とします。

建設工事については、3年間で段階的に試行運用を拡大し、建設工事、業務委託ともに、令和4年度から本格運用を予定しています。なお、試行運用期間内については、発注者と受注者の間で電子納品について協議し取り組むこととします。

その他

◎電子納品の作成には、国及び鹿児島県の基準等に対応した、任意のソフトを使用してください。

◎電子納品を作成し提出する際は、事前に電子納品チェックソフトによりチェックを行ってください。なお、電子納品チェックソフトは鹿児島県が公開しているサイトをご利用ください。

 

電子納品運用ガイドライン

◎瀬戸内町電子納品運用ガイドライン(案)(PDF:624KB) 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

瀬戸内町建設課工務係

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地

電話番号:0997-72-1197

ファックス:0997-72-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?