ホーム > 暮らし・コミュニティ > 税金 > 新型コロナウイルス感染症の影響による各種保険料の減免について > 新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

ここから本文です。

更新日:2022年8月11日

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

この制度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、一定の収入の減少が見込まれる場合などにおいて、介護保険料の納付が困難と認められる場合、国が定める基準に基づいて保険料の減免を行うものです。
減免申請受付期間は、令和5年3月31日(金)までとなっております。

減免の対象となる保険料

令和4年度分の保険料で、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの納期限が定められているもの

減免の対象となる方

①新型コロナウイルス感染症により、第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った場合

➡ 保険料を全額免除

②新型コロナウイルス感染症の影響により、第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の事業収入、不動産収入、山林収入又は給与収入(以下「事業収入等」という。)の減少が見込まれ、次の【ア】及び【イ】に該当する場合

【ア】主たる生計維持者の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補填されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入等の額の10分の3以上であること。

【イ】減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の前年中の所得の合計額が400万円以下であること

➡ 保険料の一部を減額

減免額の計算式(A×B/C)×D

(表1)で算定した対象保険料額(A×B/C)に、(表2)の前年の合計所得金額の区分に応じた減免割合(D)を乗じて得た額となります。

(表1)
対象保険料額=A×B/C
A:第1号被保険者の保険料額
B:主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る前年所得
C:第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得
(表2)
前年の合計所得金額 減免又は免除の割合(D)
210万円以下であるとき 全額(10分の10)
210万円を超えるとき 10分の8

減免判定簡易フローチャート

簡易的な判定は、以下のフローチャートでご確認ください。
フローチャート(介護保険料)

申請方法

申請は、瀬戸内町役場税務課窓口にてお手続きいただくか、以下の申請書等をダウンロードしてご記入の上、必要な書類を添付して下記のお問い合わせ先へご郵送ください。

※減免基準①に該当する場合は、医師の診断書等が必要です。
※減免基準②に該当する場合は、令和4年1月から直近までの給与明細や帳簿の写し等、収入の状況が確認できる書類を添付してください。
※上記の書類の他に提出を求める場合もあります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

瀬戸内町税務課課税係

鹿児島県大島郡瀬戸内町古仁屋船津23番地

電話番号:0997-72-1116

ファックス:0997-72-1120

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?